視能訓練士(国家資格)とは

 日本では1971年に国家資格に認定されたコ・メディカル(医師以外の医療専門職)の職種。斜視、弱視の視能訓練という専門分野に加え、93年の法改正で眼科医のもと、ごく一部の特殊検査を除きほぼすべての眼科検査が可能になり、業務が飛躍的に拡大した。
各種の検査機器を操作する高い技術力と矯正訓練の実践力が求められる「眼のスペシャリスト」。高校卒業以上で3年間、専門学校で学ぶと国家試験の受験資格が得られる。

視能訓練士への道のり

視能訓練士への道のり
福岡国際医療福祉学院

仕事の内容

 福岡県内で唯一視能訓練士の受験資格を取得できるのが、福岡国際医療福祉学院の視機能療法学科です。視能訓練士は、眼科医のもとで、様々な眼科検査、斜視や弱視の訓練の仕事に携わります。欧米では古くから視能訓練士が医療専門職として活躍していますが、日本国内ではまだ歴史が浅く、その数は、眼科医約14,000名(※1)に対し、視能訓練士はわずか約10,686名(※2)にずぎません。高齢化社会を迎え、視能訓練士に対するニーズはますます高まっています。
※1:平成21年度現在  ※2:平成25年2月末現在

予想される活躍の場

 大学病院、総合病院といった病院などの医療機関、眼科専門医院など。