作業療法士(国家資格)とは

医師、看護師、理学療法士、言語聴覚士などと協同し、
リハビリテーションに携わる専門職の1つ。
乳幼児から高齢者まですべての年代の、
身体や精神に障がいがある人を対象に、
諸機能の回復・維持・開発を促す作業活動を用いて
治療、指導、援助を行う。
専門学校柳川リハビリテーション学院は、
1990年に福岡県内では
初の私立のリハビリテーション職の養成校として開校した。
福岡国際医療福祉学院は姉妹校。

作業療法士への道のり

視能訓練士への道のり
福岡国際医療福祉学院
専門学校 柳川リハビリテーション学院

仕事の内容

 作業療法とは、心や体に障害のある方でも、社会の中で自立した生活ができるように援助するリハビリテーションの一分野です。理学療法が基本的な機能の回復を援助するのに対して、作業療法は日常生活の応用動作や創作的な活動、余暇活動、職業的な活動などを用いて幅広い支援を行っていきます。

予想される活躍の場

 病院や身体障害者施設、発達障害に関する施設(小児分野)、介護老人保健施設、精神科の病院、医療型障害児施設(旧重心施設)、および地域での生活支援(デイケア施設)など医療福祉の幅広い領域に広がっています。