言語聴覚士(国家資格)とは

「聞こえ」「ことば」「言語」
「(食べ物などの)飲み込み」にかかわる
障がいを持った人に検査、評価、訓練、
相談などを行うスペシャリスト。
例えば、声の異常に対する発声法の訓練、
脳血管障害による失語症の回復訓練、
知的発達の遅れなどによる言葉での
表現や理解が遅れている子どもの訓練、
摂食・嚥下障害や聴覚障害に対する
訓練などの役割を担う。
1997年に定められた国家資格。

言語聴覚士への道のり

言語聴覚士への道のり
福岡国際医療福祉学院
専門学校 柳川リハビリテーション学院

仕事の内容

 ことばやきこえの障害、飲み込みの障害を持つ人々の検査・評価・訓練・指導を行う言語聴覚士は、1997年に制度化された新しい専門職です。医学、言語学、音声学、心理学など様々な分野にわたる豊かな知識が求められます。

予想される活躍の場

 病院などの医療機関、障害児(者)施設、老人保健福祉施設といった福祉分野、教育機関など活躍の場は大きく広がっています。